2012年02月03日

絵本 『山に木を植えました』 を読んで

050103_クロs.jpg のらくろです。

絵本『山に木を植えました』は、宮城県の漁師さんたちが汚れてしまった海を元気な海に戻したいと
20年以上も前から続けている「森は海の恋人植樹祭」をもとに描かれています。

山で生まれたフルボ酸が鉄をキレートして海まで運び、豊かな海の生態系を支えている様子が
綺麗な色彩で描かれており、まるで図鑑を眺めるような楽しさにあふれた絵本です。
愛知県のKさんから教えていただきました。ありがとうございました。

120203_山に木を植えました01.jpg

海のない山梨に住む私の趣味のひとつが渓流釣りですが、
この絵本に出てくるヤマメやイワナがターゲットです。

近年、海釣りも始めました。この絵本に出てくるカツオなんかもターゲットです。
ちょっと本気を出せばこんな感じです。

120203_カツオ.jpg

私は川や海を汚したくないので、もう20年以上も石鹸やシャンプーを使っていません。
…お風呂には毎日入ります。

その点、水の汚濁物質を分解してくれる微生物の増殖を促すフルボ酸を配合した
ナチュラルシャンプーやスカルプシャンプーなら安心ですね。

山や森で生まれたフルボ酸が自然の生態系を支えているのと同様に
私たちが使用した商品に含まれるフルボ酸が、環境の浄化と生態系の維持に繋がるとすれば
これほど喜ばしいことはありません。



●追記
2月9日、国連森林フォーラムは、森を守る活動を行ってきた「フォレスト・ヒーロー」として
「森は海の恋人植樹祭」の主宰者で、この絵本の監修を手掛けた
宮城県気仙沼市でカキの養殖業を営む畠山重篤さんを表彰しました。
授賞式の模様が映像でご覧いただけます。
 ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20120210-00000015-nnn-int
posted by vidaful-staff at 22:50| 【旧】のらくろ語録